プログラム詳細Session details

S2-4

残席少

[Day2] 7/20(金)17:40 - 18:20

自然化するメディアと課題解決
~多様化する少子高齢社会を乗り越えるためのテクノロジー~

少子高齢化社会が差し迫った我々にとってテクノロジーを用いた社会の改善は急務だ。我々は高齢化や先天的もしくは後天的な理由により運動の自由が効かなくなったり、視聴覚機能の低下が生じたり、発話やコミュニケーションに困難が生じる。我々は人の持つ多彩なパラメータの一部として受け入れることで、創造性に生かす社会を志向し、上記能力のAIによる統合と社会実装を目指している。その実例や今後のメディアの未来展望についてお話しする。

落合 陽一 氏

筑波大学/ピクシーダストテクノロジーズ株式会社
准教授/CEO

落合 陽一 氏

1987生,30歳.メディアアーティスト.2015年東京大学学際情報学府博士課程修了(学際情報学府初の短縮終了),博士(学際情報学).日本学術振興会特別研究員DC1,米国Microsoft ResearchでのResearch Internなどを経て,2015年より筑波大学図書館情報メディア系助教 デジタルネイチャー研究室主宰.2015年,Pixie Dust Technologies.incを起業しCEOとして勤務.2017年より筑波大学学長補佐,大阪芸術大学客員教授,デジタルハリウッド大学客員教授を兼務.2017年12月より,ピクシーダストテクノロジーズ株式会社による筑波大学デジタルネイチャー推進戦略研究基盤 基盤長 及び 准教授を兼務.

↑