プログラム詳細Session details

S1-4

[Day1] 7/20(木)17:30 - 18:20

競合3社のキーマンで語る「現場視点から言えるIoT成功の鍵とは」
~IoTとAIが実際どこまで浸透したか?~

IoTとAIのPoCによる利用事例が増えてきた中まだまだ経営戦略への実装まで進んでいる企業は多くはない 
本公演では、「デジタルトランスフォーメーション」のトップランナーであるUI/UXデザインをキーにする電通、博報堂とコンサルティングを基軸にするアクセンチュア、ビジネス設計を基軸とするソフトバンクで具体的な事例を①何を②なぜ③どのようにして実行に至ったのかをキーとなる先進企業事例を共有し、後半のパネルディスカッションでは「どうやったら」軌道に、より乗るのか?を討議する場としております

森 直樹 氏

パネリスト

株式会社電通
CDC エクスペリエンス・デザイン部 部長 クリエーティブディレクター

森 直樹 氏

光学機器のマーケティング、市場調査会社、ネット系ベンチャーなど経て2009年電通入社。デジタル&テクノロジーを活用したソリューション開発に従事。イベントとデジタルを融合する「SOCIAL_ MARATHON」などをプロデュース。また、デジタル&テクノロジーによる事業およびイノベーション支援を手がける。現在は、UI/UXデザインより経営や事業、サービスのイノベーション支援、デジタルプラットフォームデザインなどに取り組んでいる。
日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会の幹事(モバイル委員長)。著書に「モバイルシフト」(アスキー・メディアワークス、共著)など。ADFEST (INTERACTIVE Silver他)、Spikes Asia (PR グランプリ)、グッドデザイン賞など受賞。ad:tech Tokyo 公式スピーカー他、講演多数

丹羽 雅彦 氏

パネリスト

アクセンチュア株式会社
デジタルコンサルティング本部 モビリティサービスグループ統括 マネジング・ディレクター

丹羽 雅彦 氏

モビリティサービス部門の統括責任者として、モバイルを活用した経営・業務改革や新サービス構築、企業横断のエコシステム強化プロジェクトを推進。小売業、通信業、製造業、金融業など幅広い業界向けに店舗オペレーション、販売、調達、生産などの領域でモバイルやIoT関連のプロジェクトに従事。講演、雑誌への連載、寄稿など多数。

岩嵜 博論 氏

パネリスト

株式会社博報堂
ブランド・イノベーションデザイン局 HUX部 部長 ストラテジックプラニングディレクター

岩嵜 博論 氏

HUX(Hakuhodo UX & Service Design)チームにおいて、UX起点の新規事業開発、製品・サービス開発をリードしている。専門は新製品・サービス開発、新規事業開発、UX戦略、ブランド戦略、マーケティング戦略、エスノグラフィ調査、プロセスファシリテーション。著書に『機会発見——生活者起点で市場をつくる』(英治出版)、共著に『アイデアキャンプ——創造する時代の働き方』(NTT出版)など。

徳永 和紀

モデレーター

ソフトバンク株式会社
ICTイノベーション本部 ICTI戦略室 担当課長

徳永 和紀

1999年 株式会社 インテリジェンスのスタートアップを経験後、ソフトバンクにて法人向け、コンシューマ向け新規事業開発に従事。行政関連では平成27年度内閣府地域少子化対策強化事業(静岡県裾野市)慶應義塾大学環境情報学部(データサイエンティスト育成イベント)などを手掛ける。
近年は、IoTとAIを活用した要件定義を製造業を主に行い、それらを活用したまちづくりの事業プランニングおよび実装に向けたスキーム作りも行っている。

講演:
産業総合研究所 「高齢社会におけるICT活用」
SoftBank World 2015-2016 「IoTとAIによるビジネスと働き方の変化」講演内容プランナー
SoftBank World 2016 「女子大生と考える初めてのAI活用講座」講演内容プランナー
熊本大学主催 2017.2 くまもと産業復興支援プロジェクトフォーラム 「地域IoT推進の成功の鍵は誰と組むか」
その他講演多数
著書:
『虚弱化、軽度認知障害と向き合う(ダイヤ財団新書)』

↑