プログラム詳細Session details

S1-3

[Day1] 7/20(木)16:30 - 17:10

デジタルネイチャー,計算機的多様性の世界へ

筑波大デジタルネイチャーグループ(落合陽一研究室)では,ユビキタス社会以後のマルチメディア研究のために,単なるディスプレイ上のやりとりを超えて,ヒューマンインタラクション・グラフィックス・ホログラム・ハプティクス・VR・メカトロニクス・デジタルファブリケーションなどの融合領域の研究を行っています.人の性質をモデル化し,数値解析とシミュレーションによって情報通信の問題として定義することで,人と計算機の共存する生態系を目指しています.そのために光や音のホログラムとのインタラクションや,ハプティクス応用などレーザーや強力超音波,磁場制御などを用いた研究から,人間の行動制御に関する研究にいたるまで,弊ラボの掲げるデジタルネイチャーというビジョンとともにご説明します.またそれらのメディア装置研究やメディアアート作品の解説とともに社会実装や産業応用のお話を通じて,計算機のもたらす多様な世界,Computational Diversity と DIgital Natureについてお話しします!

落合 陽一 氏

筑波大学
図書館情報メディア系 学長補佐・助教

落合 陽一 氏

2005年 開成高校 卒業
2007年 筑波大学情報学群情報メディア創成学類 入学
2011年 筑波大学情報学群情報メディア創成学類 卒業
2013年 東京大学大学院学際情報学専攻 修士課程 修了
2015年 東京大学大学院学際情報学専攻 博士課程 修了
2015年 筑波大学助教 着任

↑