プログラム詳細Session details

H1-5

[Day1] 7/19(木)17:40 - 18:20

日建設計とソフトバンクのビジネスシナジー
~将来のオフィス・都市の価値を向上させるIoT~

昨今のオフィスビルや都市計画では、省エネルギーや環境配慮に加えて、『Well(健康)』『Productivity(知的生産性)』『Sustainability(持続可能性)』が注目されており、ESG投資においても重要な指標となりつつあります。
このようなトレンドの中で、オフィスや都市の価値向上のためにIoT、Big Data、AI を活用して何ができるのか、そのためにどのようなプラットフォームを志向するのか、当社の取組みをご紹介いたします。

関根 雅文 氏

株式会社日建設計
エンジニアリング部門 設備設計グループ 設備設計部長

関根 雅文 氏

1991年日建設計に入社。オフィスビルをはじめとして研究所、生産施設、教育・医療施設など幅広い用途のプロジェクトにおいて、電気設備の設計に携わる。
設計に従事する傍ら、Smart City、BCP、省エネルギー、快適性評価等に関するコンサルティングや研究も行う。2017年6月より電気設備学会理事。

中村 公洋 氏

株式会社日建設計
エンジニアリング部門 IoT推進室 チーフコンサルタント

中村 公洋 氏

2010年3月、早稲田大学卒業。(株)日建設計に入社。設備設計部に所属し、照明や受変電設備等、建物内の電気設備の設計に従事。平成26年照明普及賞(一般社団法人 照明学会)を3案件にて受賞。2016年 Illumination Awards Award of Merit(The Illumination Engineering Society of North America)を2案件にて受賞。

↑