基調講演Keynote Speech

アイコンの見方

T1-1 満席

[Day1]7月21日

T1-1 満席

10:00 - 12:30

ソフトバンクグループ株式会社 孫 正義

 

孫 正義

ソフトバンクグループ株式会社
代表取締役社長

本田技研工業株式会社 松本  宜之 氏

 

松本  宜之 氏

本田技研工業株式会社 取締役 専務執行役員 F1担当
株式会社本田技術研究所 代表取締役社長 社長執行役員

IBMコーポレーション デービッド・ケニー 氏

 

デービッド・ケニー 氏

IBMコーポレーション
IBM Watson ゼネラル・マネジャー

T2-1

[Day2]7月22日

T2-1
10:00 - 12:30
ソフトバンク株式会社 宮内 謙

宮内 謙

ソフトバンク株式会社 代表取締役社長 兼 CEO
ソフトバンク コマース&サービス株式会社 代表取締役会長

<ゲスト登壇者>

サイモン・フー 氏

サイモン・フー 氏

Alibaba Cloud Computing Ltd,President
Alibaba Group Vice President
SBクラウド株式会社 取締役

リオ・ディヴ 氏

リオ・ディヴ 氏

Cybereason Inc.
CEO & Co-founder

日本マイクロソフト株式会社 樋口 泰行 氏

 

樋口 泰行 氏

日本マイクロソフト株式会社
執行役員 会長

GE ビル・ルー 氏

 

ビル・ルー 氏

GE SVP, チーフ・デジタル・オフィサー
GEデジタル CEO

ソフトバンクロボティクス株式会社 冨澤 文秀

 

冨澤 文秀

ソフトバンクロボティクス株式会社
代表取締役社長

<ゲスト登壇者>

デイビット・ケル 氏

デイビット・ケル 氏

MasterCard Japan Office
デジタルペイメント バイスプレジデント

 

特別講演Special Session

アイコンの見方

[Day1]7月21日

S1-1満席 14:30 - 15:10

人工知能は人間を超えるか

~ディープラーニングの先にあるもの~

松尾 豊 氏

松尾 豊 氏

東京大学大学院
工学系研究科 特任准教授

本講演では、人工知能の最新動向、特にディープラーニングを取り巻く状況について述べる。人工知能の歴史を紐解きながら、ディープラーニングのもつ意義を解説し、今後の研究の進展について概観する。また、こういった人工知能の変化が、今後、どのように社会や産業を変えるのか、人工知能の未来について解説する。

S1-2 15:30 - 16:10

IBM Watsonで広がるコグニティブ・ビジネスの世界

 

松永 達也 氏

松永 達也 氏

日本アイ・ビー・エム株式会社
常務執行役員
コグニティブ・ソリューション事業担当

S1-3満席 16:30 - 17:10

AI×ロボットの最新トレンドおよびビジネス活用

~実用的なAI・ロボットの世界~

「AI・ロボット領域の最新技術および市場動向。国内・海外事例から学ぶ今すぐ実現できるリアリティーのあるビジネス活用。そして、その進化がもたらす未来予測。」をテーマに、著名な方々をパネリストとしてお招きし、ディスカッションを行います。

山本 一成 氏

<パネリスト>

山本 一成 氏

HEROZ株式会社
人工知能エンジニア
将棋プログラムPonanza開発者

東京大学・東京大学院卒。 史上初めてプロ棋士に勝利した将棋プログラムPonanzaを開発、プロ棋士との対戦成績は5勝0敗。
HEROZ(株)で国内最大の将棋アプリ「将棋ウォーズ」の開発をはじめ人工知能関連ビジネスの担当。
将棋電王トーナメント2013年、2015年優勝、世界コンピューター将棋選手権2015年、2016年優勝、など、現在、世界最強の将棋プログラムの開発者。

望月 亮輔 氏

<パネリスト>

望月 亮輔 氏

ロボットスタート株式会社
執行役員/ロボスタ編集長

1988年静岡県生まれ。大学卒業後、情報通信系一部上場企業、ITベンチャーを経て、26歳の時にロボット専門のWEBメディアを運営するロボットドットインフォ株式会社を設立。2015年11月にロボットスタート株式会社に事業売却し、メディア担当執行役員・「ロボット情報WEBマガジン-ロボスタ-」の編集長として入社。現在に至る。

 
浦本 直彦 氏

<パネリスト>

浦本 直彦 氏

日本アイ・ビー・エム株式会社
東京ソフトウエア&システム開発研究所
クラウド開発 部長

1990年IBM入社後、東京基礎研究所にて、自然言語処理、テキストマイニング、XML、Webサービス、セキュリティ、クラウドなどの研究開発に従事。
博士(工学)。
2015年、東京ソフトウエア&システム開発研究所に新設されたクラウド開発チームに異動し、現在、Bluemix開発およびサービスチームを担当している。
一般社団法人 人工知能学会副会長,情報セキュリティ大学院大学連携教授を兼務。

TechCrunch Japan編集長 AOLオンライン・ジャパン株式会社 西村 賢 氏

<モデレーター>

西村 賢 氏

TechCrunch Japan編集長
AOLオンライン・ジャパン株式会社

コードの読み書きもするITジャーナリスト。学生時代に寄稿を始めたPC雑誌「月刊アスキー」の編集・記者としてコンシューマー製品やネット系情報を担当その後「週刊アスキー」、ITエキスパート向けサイト「@IT」で副編集長を経て現職。国内外のIT企業やスタートアップ企業の取材多数。
@IT時代にはエンジニア向けのQ&Aサービス「QA@IT」を立ち上げ。早稲田大学理工学部物理学科卒。上智大学非常勤講師

 
 
S1-4満席 17:30 - 18:10

今秋登場!iOS 10でビジネスはどう変わるのか?

〜ライフスタイルを進化させ、新ビジネスを生み出す新OSの実態〜

林 信行 氏

林 信行 氏

フリーランス
ジャーナリスト・コンサルタント

6月、iPhone/iPad用の最新OS、iOS 10が発表された。Siriを使った音声操作の他社開放。ついに本格化し始めるホームオートメーション。サブスクリプション型サービスの全面開放やECサイト向けのApple Pay。多くの開発者にとって新たな市場となりそうなメッセージ・ストア。iOSビジネスに大きな変化をもたらす次期iOS——そこに潜む新たなビジネスチャンスと数年後のiOSライフスタイルを、アップル社開発者イベントの情報から読み解く。

[Day2]7月22日

S2-1満席 14:30 - 15:10
阿部 伸一 氏

阿部 伸一 氏

グーグル株式会社
Google for Work アジア太平洋地域代表

S2-2 15:30 - 16:10

マイクロソフトテクノロジーによるデジタルイノベーション

榊原 彰 氏

榊原 彰 氏

日本マイクロソフト株式会社
執行役員 最高技術責任者

S2-3満席 16:30 - 17:10

【パネルディスカッション】IoTとAIによるビジネスと働き方の変化

~2015年から何が進化したか?~

IoT、AIというワードが認知されるに当たり、「実際にどのようなビジネス、働き方への変化のトレンドが起きているのか?」は、その第一線で事業化を進めている人ならではの景色があります。
本講演では、パネルディスカッションの形式で、「昨年と今年で何が変わったのか?」を具体的な事例をもって議論いたします。

 
株式会社クラウドワークス 吉田 浩一郎 氏

<パネリスト>

吉田 浩一郎 氏

株式会社クラウドワークス
代表取締役社長 兼 CEO

2011年11月に株式会社クラウドワークスを創業。2014年12月東証マザーズ上場。2016年5月現在、登録会員は91万人、利用企業は上場企業をはじめとして12万社にのぼる。2016年 一般社団法人新経済連盟理事に就任

・著書:
『クラウドワーキングで稼ぐ! —時間と場所にとらわれない新しい働き方(日経新聞出版社)』
『クラウドソーシングでビジネスはこう変わる(ダイヤモンド社)』
・表彰:
経済産業省 第1回「日本ベンチャー大賞」審査委員会特別賞、グッドデザイン・未来づくりデザイン賞受賞
neurowear project co-founder 加賀谷 友典 氏

<パネリスト>

加賀谷 友典 氏

neurowear project co-founder

新規事業開発における調査・コンセプトプランニングが専門。
主な事例としては坂本龍一インスタレーション作品「windVibe」「GEOCOSMOS」など。
現在は生体信号を使った新しいコミュニケーション体験を提案する「neurowear プロジェクト」(http://www.neurowear.com)で脳波で動くネコミミ「necomimi」、脳波ヘッドフォン「mico」、脳波カメラ「neurocam」、EYEoT デバイス「mononome」などを開発

 
株式会社電通 森 直樹 氏

<パネリスト>

森 直樹 氏

株式会社電通
CDC エクスペリエンス・デザイン部 部長
クリエーティブディレクター

デジタル&テクノロジーによる事業およびイノベーション支援を手がけ、経営や事業戦略に基づくUI・UXデザイン、ネット事業モデルによる事業革新の支援プロジェクトに取り組む日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会の幹事(モバイル委員長)

・著書:
『モバイルシフト(アスキー・メディアワークス、共著)』
・表彰:
ADFEST (INTERACTIVE Silver他)、Spikes Asia (PR グランプリ)、グッドデザイン賞など受賞。
ad:tech Tokyo 公式スピーカー他、講演多数
ソフトバンク株式会社徳永 和紀

<モデレーター>

徳永 和紀

ソフトバンク株式会社
パートナー事業推進室 イノベーション推進部 イノベーション推進課
担当課長

ソフトバンクにて、法人向け、コンシューマ向け新規事業開発に従事、平成27年度内閣府地域少子化対策強化事業、慶応大学(データサイエンティスト育成イベント)などを手掛けIoTを活用したスマートシティのプランニング支援も手掛ける

・著書:
『虚弱化、軽度認知障害と向き合う(ダイヤ財団新書)』
・講演:
産業総合研究所 「高齢社会におけるICT活用」
平成26年度電子経済産業省構築事業プランナー
S2-4満席 17:30 - 18:10

ロボットと未来社会

石黒 浩 氏

石黒 浩 氏

大阪大学
基礎工学研究科教授(特別教授)
ATR石黒浩特別研究室室長(ATRフェロー)

パーソナルコンピュータとスマートフォンに続いて、新たな情報メディアとなるのが、パーソナルロボットである。
このパーソナルロボットは、パーソナルコンピュータが情報化社会をもたらしたのと同様に、ロボット化社会をもたらす可能性がある。
本講演では講演者のこれまでの研究を紹介しながら、ロボット化社会の可能性と、その社会において我々人間が学ぶことを議論する。

↑